こぐまの韓国NEWS

韓国の最新芸能・K-popニュースや韓国ゴシップ、
おすすめ韓流ドラマ、韓流映画、人気ドラマロケ地
美味しい韓国グルメ、おすすめスポットなどなど
韓国の最新情報をまとめてお届けします!(^^)!

    カテゴリ: 事故


    【自殺未遂】30歳女性、「『もう生きていたくありません』高速鉄道KTXから飛び降りるも一命を取り留めた


    「もう生きていたくありません」…高速鉄道から飛び降り一命をとりとめた30代女性=韓国 「もう生きていたくありません」…高速鉄道から飛び降り一命をとりとめた30代女性=韓国
    …走行中の韓国高速鉄道(KTX)の列車から飛び降りた30代女性が幸い一命をとりとめた。10日、韓国鉄道公社(KORAIL、コレール)と鉄道司法警察隊によ…
    (出典:韓国・北朝鮮(中央日報日本語版))


    韓国高速鉄道 (KTXからのリダイレクト)
    韓国高速鉄道(かんこくこうそくてつどう、英: Korea Train eXpress, KTX)は、大韓民国(韓国)の高速鉄道システムである。フランスのTGVの技術を全面的に導入しており、営業運転での最高速度は305km/hである。 1990年に事業計画・路線が確定し、1992年6月に着工、12年
    131キロバイト (9,634 語) - 2019年5月2日 (木) 09:07



    (出典 i.ytimg.com)


    韓国高速鉄道(KTX)から、窓を割って30代の女性が飛び降り自殺をはかった。
    9日午後8時45分ごろ、五松駅を出発して公州駅に向かっていたKTXから、女性Aさん(32)が非常用のハンマーで窓を割って車外に転落。
    飛び降りる時に『もう生きていたくありません』と叫んでいたそう。
    大迷惑だし、よく助かったな、というのが正直な感想。

    【【自殺未遂】30歳女性、「『もう生きていたくありません』高速鉄道KTXから飛び降りるも一命を取り留めた】の続きを読む


    高速道路で事故死のハン・ジソン、10日に出棺式が行われたが不可解な点が多すぎ!!夫、おかしくないですか?


    “アイドル出身女優”ハン・ジソンさん、交通事故当時の映像が公開…夫の陳述に深まる謎(動画あり) - Kstyle
    女優ハン・ジソンさんの事故当時の姿が映ったドライブレコーダーが公開された中、夫が事件当日にお酒を飲んだと陳述して、疑惑が明かされるのか関心が集まっている。9 ...
    (出典:Kstyle)



    (出典 kt.wowkorea.jp)


    6日午前3時50分ごろ、京畿道金浦市内の仁川国際空港高速道路上で車を止め、車外に出て交通事故に遭い、死亡した女優のハン・ジソン。ベンツを運転していたハン・ジソンさんは片道3車線の高速道路の第2車線に停車した後、外に出て、タクシーとスポーツタイプ多目的車(SUV)に相次いでひかれ亡くなった。
    夫が「用を足したい」と言ったためハン・ジソンさんは車を止めた後、車外に出たという。警察の事情聴取に対してハン・ジソンさんの夫は「近くの花壇で用を足してから戻ったら、事故が起こっていた」、「なぜ(ハン・ジソンさんが)道路の真ん中に車を止めたのか、なぜ降りてきたのか分からない」と語った。しかし目撃者のドライブレコーダーの映像と夫の証言とのくい違いに、夫がなんかおかしくないか?と思ってしまう。
    亡くなる前のハン・ジソンさんのSNSでの「家からつれ出してくれてありがとう、友人よ」と意味深な最後の投稿も気になる。

    【高速道路で事故死のハン・ジソン、10日に出棺式が行われたが不可解な点が多すぎ!!夫、おかしくないですか?】の続きを読む


    【事故】元ガールズグループ「B.Dolls」のハン・ジソン、高速道路の真ん中に停車し、車にひかれて死亡


    “事故で死亡”元ガールズグループメンバーの女優ハン・ジソンとは? (WoW!Korea) - Yahoo!ニュース
    韓国ガールズグループの元メンバーで現在女優として活動していたハ・ジソンが、仁川(
    (出典:Yahoo!ニュース)



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    韓国ガールズグループの元メンバーで現在女優として活動していたハ・ジソンが、仁川(インチョン)国際空港高速道路で車にひかれて死亡した。
    何故、車線の真ん中の車線に停車したんだろう?
    3月に結婚したばかりなのに・・・
    ご冥福をお祈り申し上げます。

    【【事故】元ガールズグループ「B.Dolls」のハン・ジソン、高速道路の真ん中に停車し、車にひかれて死亡】の続きを読む

    このページのトップヘ